2020年11月

Binance(バイナンス) $100,000の報酬を配布するブラックフライデーイベントを開催

Binance(バイナンス)は2020/11/24 0:00 AM – 2020/12/01 0:00 AM (UTC)にかけて、総額$100,000USD相当のビットコインを配布する「ブラックフライデー」イベントの開催を発表しました。

キャンペーンは、①BTCを50%オフで購入できるラッキー抽選、②Binance上での取引条件達成で$80,000USD相当のビットコイン山分け、の2種類で展開されています。

キャンペーン①詳細

ブラックフライデー実施期間中に、Binanceに新規登録を済ませ、以下の2つの条件を達成したユーザーの中から抽選で40ユーザーが対象となります;

BinanceのBuy Crypto(仮想通貨購入)ページから$50USD分の仮想通貨を購入

現物取引で$50USD以上の取引を実施

無事抽選すると$1,000USD分のビットコインを市場価格の半額で買うことができます。

購入したビットコインは売らずに持っておくもよし、即売りで100%の利益のどちらをとっても非常に魅力的ですね。

キャンペーン②詳細

こちらのキャンペーンでは、タスクが3つ設定されています。また、対象は新規ユーザーのみでなく全ユーザー対象の山分けキャンペーンとなっています。

現物・マージン取引のいずれかで$1,000USD相当以上の取引を実施

レバレッジド・トークン(BLVT)で$1,000USD相当以上の取引を実施

USDTの先物契約で$10,000USD相当以上の取引を実施

このタスクの中から、2つを完了したユーザーに対しては$20,000USD相当のビットコインがもれなく山分けされます。

また、上記とは別に3つのすべてをクリアしたユーザーは$30,000USD相当のビットコインがさらにもれなく山分けとなります。

さらに、この2つを完了したユーザーから抽選で150人にビットコインを20%オフで購入できる権利が付与されるとしています。

【補足】レバレッジトークンとはレバレッジトークンとは、Binance(バイナンス)が提供するプロダクトの一つで、コイン1枚当たりの価格がレバレッジを反映しており、通常の値動きと連動しながらもコインでレバレッジポジションを構築することができるというものになります。通常の現物と比較して値動きが激しくハイリスク・ハイリターンな商品となっていますが、先物で構築するレバレッジと比較して、金利が発生しない点、手数料を安く抑えられる点などがメリットとして挙げられます。

まとめ

Binance(バイナンス)が発表したブラックフライデーキャンペーンについて解説しました。

お得なキャンペーンですので、余力のある方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

Binance(バイナンス)への登録を済ませていない方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
アバター
バイナ!管理人
仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の魅力を日本国内に広めるべく活動を開始ました。