プロダクト解説

Binance(バイナンス)「Binance Smart Chain」の日本語完全ガイド 【2021年最新版】

Binance(バイナンス)は、Binance.comで提供されるサービスとは別に独自のブロックチェーンである「Binance Smart Chain」をリリースしています。

Binance Smart Chainはリリースされて間もないものの様々なプロジェクトが展開されており、Ethereumネットワークより大幅にコストを抑えた資産運用が可能な点などが魅力的です。

この記事では、Binance Smart Chain上のサービスを利用するために必要なすべての事項を解説していきます。

PancakeSwapを利用したファーミングの手法も記事の最後で初心者でもわかりやすく理解できるよう解説しているので、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

1 – Binance Smart Chainのアカウントを開設しよう

Binance Smart Chainを利用して資産運用を始めるために必要とされるのが、ウォレットと呼ばれる自分の資産を管理するためのアカウントになります。

まずは、こちらからBinance Smart Chainへのアクセスに必要となるウォレット機能を持つ拡張機能をダウンロードします。

Binance Chain Wallet – Chrome ウェブストア

ご自分でChromeのウェブストアから検索して拡張機能を追加することもできますが、偽物の拡張機能を追加してしまうと、ウォレットの資産が失われてしまう可能性があるので十分に注意してください

2 – アカウントをセットアップしよう

続いて、BinanceSmart Chainを実際に利用して資産運用を始めるために、アカウントのセットアップを進めていきます。

追加した拡張機能をクリックすると、Binance Chain Walletのインターフェースが起動します。

まだアカウントを持っていないので、画像赤枠内の「I do not own a wallet(ウォレットを持っていない)」をクリックして次に進みます。

新規にパスワードを設定するための画面が表示されるので、ご自身のパスワードを設定してください。

画像の両方の枠にパスワードを2回入力して「Continue(進む)」をクリックして次に進みます。

次の画面では、画像赤枠内に12の英単語が表示されます。

このフレーズは、万が一ウォレットへのアクセスを失った場合、アクセスを取り戻すための唯一のキーワードとなります。

また、この12のキーワードが流出してしまうと、誰もがウォレット内の資産にアクセスできる状態になってしまいます。

理想はオフライン環境で、紙などに手書きでメモを残すなどの形で大切に保管してください。

メモが完了したら「Continue(進む)」をクリックすると、ウォレットの作成は完了となります!

2-1 – ウォレット画面の見方

ウォレットの作成が無事完了すると以下のようなインターフェースが表示されているはずです。

一番上の赤枠は、現在接続するネットワークの種類を示しています。

Binance Smart Chain意外にもいくつかネットワークが表示されていますが、ここはそのままでOKです。

中央の赤枠は、ウォレットの残高を示しています。

現在は資産のデポジットなど行なっていないため、0.00BNBと表示されています。

下の赤枠は、ご自身のウォレットのアドレスとなります。

資産の受け取りを行う際には、こちらのアドレスに対して送金処理を行うことで、ウォレットへのデポジットを完了させることができます。

3 – 実際にウォレットに資産のデポジットをしてみよう

ウォレットの作成が無事完了したので、それでは資産をウォレットに送金する手順を解説していきます。

まず、デポジットにはBinance(バイナンス)の口座を開設する必要があります。

これはBinance Smart Chainでは扱うことのできるコインの規格(BEP20と呼ばれています)が定められており、この規格のコインを送金する必要があるためです。

日本国内の取引所では、このBEP20という規格でコインを扱っておらず、直接送金すると資産を失う恐れがあるので、注意してください。

Binance(バイナンス)の口座開設が済んでいない方、またBinance(バイナンス)の口座に資産が入っていない方は、以下のリンクも参考にしてみてくださいね。

3-1 – BinanceからBNBをウォレットに送金してみよう

Binance Smart Chainでは、ブロックチェーンを利用するための手数料としてバイナンスが発行するコインであるBNB (バイナンスコイン)が必要とされます。

なので最初はBNBをウォレットに送金してみましょう。

Binance(バイナンス)にログインをし、画面上部「Wallet」から「Fiat and Spot」を選択します。

画面中央部の資産の一覧からBNB(バイナンスコイン)を探して、赤枠にある「Withdraw(引き出し)」を選択します。

以上のような画面に遷移しますので、一番上の赤枠にはBinance Walletのアドレスをコピーして入力します。

中央の赤枠ではネットワークの種類を選択します。ここではBinance Smart Chainを選択してください。

最下部の赤枠に送金する数量を入れて、「Submit」を押せば送金処理が行われます。

次の画面で、Binanceの登録メールアドレス宛に確認メールが届く可能性がありますので、その場合はメールに記載の6桁の番号を入力することで送金が完了します。

4 – Binance Smart Chainで資産の運用を試してみよう

お待たせしました。ここからはBinance Smart Chainのウォレットの中にあるBNBを利用して、資産の運用を行う方法を解説します。

BSCにはさまざまなプロダクトがありますが、ここでは「PancakeSwap」と呼ばれるプロジェクトの使い方をみていきます。

4-1 PancakeSwapとは?

PancakeSwapとは、Binance Smart Chain上に存在するアプリケーションの一つです。

先ほどウォレットに送ったBNBをブロックチェーン上で交換することや、その他にもPancakeSwap上に資産をロックすることで、ファーミング(対価として配布されるトークンを獲得)に参加することができます。

画面右上の「Connect(接続)」ボタンを押して実際にプロダクトをみていきます。

4-2 PancakeSwapとウォレットの接続

「Connect(接続)」を押すと上記インターフェースが表示されるので、Binance Chain Walletを押してPancakeSwapとウォレットを接続させます。

4-3 PancakeSwapでBNBを他のコインと交換

ウォレットとPancakeSwapの接続ができたら、画面左の赤枠「Trade」タブから「Exchange」に進みます。

すると上記画面に推移するので、中央赤枠でBNBの数量を入力、中央下部の赤枠からBNBを売却して入手したいコインを選択します。

AMMと呼ばれる仕組みで、価格が自動的に算出されるので、交換レートを確認したら「Swap」をクリックします。

Binance Chain Wallet側で確認画面が表示されるので「Confirm」をクリックして、数十秒ほど待てば取引は完了です。

拡張機能のアイコンをクリックすると、交換後に入手したコインが一覧に追加されていることがわかると思います。

4-4 コイン(トークン)交換の流動性を提供して稼ぐ方法

PancakeSwapでは、トークン同士の交換の相手型となる流動性のプールに対して流動性を提供することで、CAKEと呼ばれるトークンを獲得することができます。

世間ではファーミングと呼ばれており、既に一部では仮想通貨の運用手法の一つとして定着しています。

先ほどの画面から、画像左側の赤枠「Farms」をクリックすると、CAKEの付与対象ペアの一覧と、その現在の利回りが表示されます。

ここでは例として「CAKE-BNB」ペアを選択して、ファーミングをおこないます。CAKEではなく他の比較的ローリスクなペアもありますので、そちらの場合は「CAKE-BNB」を別のペアに置き換えて読み進めてみてくださいね。

「CAKE-BNB」ペアでファーミングを行うためには、まず同価値のCAKEとBNBがペアで必要になります。

例えば、100ドルのBNBを持っている場合、100ドル分のCAKEも同様に必要になるということです。二種類のコインを同価値分ずつ用意するためには、4-3で解説したトークンの交換の方法を見ながら手持ちのコインを両替してみてください。

用意ができたら画像左側の赤枠「Trade」から「Liquidity」を選択、画面中央の赤枠で囲われている「Add Liquidity」ボタンをクリックして先に進みます。

すると先ほどのコイン(トークン)の交換画面のようなものが表示されます。

ここではペア(2種類のコイン)を選択し、流動性のプールに対して自分の保有通貨を提供することができます。

画面中央の赤枠で、提供するペアを「CAKE」と「BNB」で選択、片方の数量を入力すると自動でレートが算出されるので、問題がなければ ①「Approve CAKE」②「Supply」③「Confirm」の順に進めていきます。

全ての手順が完了すると、画像赤枠内にあるように緑色のチェックボックスと通知がインターフェースに表示されます。

ここまで完了したら、再び画面左側の赤枠にある「Farms」から「CAKE-BNB」ペアを探します。

次に、①「Approve Contract」をクリック、すると

このようにLP(流動性プール)トークンをステーク(ロック)する画面が表示されるので、②「MAX」をクリックして、③「Confirm」を押します。

最後に、画像の赤枠部分「CAKE-BNB LP STAKED」部分に、先ほどのLP(流動性プール)トークンの枚数が表示されていれば、設定は完了です。

お疲れ様でした!

あとは時間の経過と共にCAKEのファーミングが行われていき、赤枠の「CAKE EARNED」部分にその枚数がリアルタイムで反映されていきます。

まとめ

Binance Smart Chainを利用するための、拡張機能のウォレットのセットアップ方法Binance(バイナンス)からウォレットへの資産の送金方法、またPancakeSwapを利用して利益を出すためのファーミングの手法を初心者でも簡単に理解できるよう解説していきました。

この記事を読めば、どなたでもファーミングに参加することができるようになります。

Binance(バイナンス)の口座をまだ開設していない方は、以下のリンクから3分で完了しますので、是非この機会に利用してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
アバター
バイナ!管理人
仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の魅力を日本国内に広めるべく活動を開始ました。